せどりで本を販売する際禁止されていること 再販制度について

ども、てっく。
 
 
 
 
超今さらなんですが、
最近、雑誌せどりにハマってます(笑)
 
もう今さら雑誌を始めとした
本せどりをやってる人って
あんまりいないと思うんですよね。 
 

ただ、ライバルが少ないというのは、
仕入や販売がものすごく楽ですよね。
 
僕はそういうところを狙っていくのが大好きです(笑)
姑息な性格なので(笑) 
 
 
 
さて、
ここ最近でせどりを始めた方だと、
家電やゲーム、DVDなどから入る方が多いので、
本の販売について、
大事なことを知らない方が多いです。
 
 
その大事なこととは、
「再販制度」
というものです。
 
なので、今回は
その大事な再販制度について
注意喚起の意味もこめて書いていこうと思います。
 

Amazonで本のカテゴリーの商品を
販売する場合には、
必ず気をつける事項として
頭の中に入れておきましょう。

再販制度とは?

では、本の再販制度とはなんなのか?
 

この再販制度というのは、
Amazonが定めているものではなくて、
書籍を販売する、各出版社によって決められています。
簡単に説明すると、
 
新品の本は定価以外の価格では売っちゃダメ!
 
ということなんです。
 
 
新品の書籍は、
定価より例え安くしたとしても、
定価の値段を変えて販売してはいけないのです。
 

その理由としては、

①個々の出版物が他にとってかわることのできない内容をもち、
②種類がきわめて多く(現在流通している書籍は約60万点)、
③新刊発行点数も膨大(新刊書籍だけで、年間約65、000点)、などです。
このような特性をもつ出版物を読者の皆さんにお届けする最良の方法は、書店での陳列販売です。
書店での立ち読み 風景に見られるように、出版物は読者が手に取って見てから購入されることが多いのはご存知のとおりです。
再販制度によって価格が安定しているからこそこう したことが可能になるのです。

日本書籍出版協会HPより抜粋

と、いうことのようです。

これだけだとわかりにくいので、
再販制度がないとどうなってしまうのか?
ということについても書かれています。

読者の皆さんが不利益を受けることになります。
①本の種類が少なくなり、
②本の内容が偏り、
③価格が高くなり、
④遠隔地は都市部より本の価格が上昇し、
⑤町の本屋さんが減る、という事態になります。
再販制度がなくなって安売り競争が行なわれるようになると、書店が仕入れる出版物は売行き予測の立てやすいベストセラーものに偏りがちになり、みせかけの価格が高くなります。
また、専門書や個性的な出版物を仕入れることのできる書店が今よりも大幅に減少します。

日本書籍出版協会HPより抜粋
 
 
これを見てもらえれば、
日本書籍出版協会の意向も
なんとなくわかるような気もしますね。
 
 
ぶっちゃけ町の本屋さんが少なくなっても
購買層がネットに移るだけで
あまり影響はないとは思うんですけどね。
 
でも、値段や売れるジャンルなどに
偏りが出たりとか、
それによる値下がり合戦が起きて
企業が不利益を被る…
 
なんてことは簡単に想像できます。
 
 

ちなみに、
もし、詳しく知りたいと思った時用に 
一応、日本書籍出版協会のリンクも貼っておきますね。
http://www.jbpa.or.jp/resale/

再販制度に反すると、違法なのか?

ちなみに、
その再販制度にもし反した場合は、
違法だったり、罰則があるのか?
というのが気になるところだとは思いますが、
 
再販制度に抵触したところで、
今のところ、公的な懲役や罰金等はないようです。
 
なので、特に違法性もありません。
 
 
 
ただ、明らかに違反しつづけると、
再販売契約違反として、
以降の取引ができなくなる可能性があります。
 
 
と、ここまでは
一般的な本屋さんなどのお話です。
 
 

 
これを我々せどらーに置き換えると、
 
再販制度に反していると、
Amazonから注意を受けてしまいます。
(僕も注意された経験あり)
 
この場合は、
出品価格を定価に直せば問題ありません。
 
僕はそこで価格を変更したので、
特におとがめはなしでしたが、
もし、違反しつづけると、
あくまでも想像ですが、
Amazonのアカウント停止なんてことも
ありえるかもしれません。
 

そうなると、
間違いなくダメージは自分に返ってくるので、
当たり前のことですが、
再販制度には反しない方が無難です。
 
 
 
でも、
それでも最近なぜか
定価よりも高い値段で販売している
出品者の方が多く見受けられて、
「Amazonが何も言わないのはおかしい!!」
と思い、
一度Amazonのサポートに
確認してみたことがあるんですが、
Amazonの回答としては、
 
「再販制度に反している出品者は、
順次警告をしていく」
 
と返事をもらいました。
 
 
 
なので、
やっぱり新品の本は定価を変えて販売すると
Amazonから警告がいくみたいですね。
注意しましょう。 

 再販制度に違反しない商品もある

実は、同じ本のカテゴリーでも
再販制度に違反していない商品もあります。
 
例えば、カレンダーなどは
再販制度の適用外であることが多いようですが、
それも結局全てのカレンダーが…というわけではありません。
 
 
以前、本のカテゴリーの中で
どれが再販制度に反してる商品なのか?
をAmazonに問い合わせたことがあります。
 
そのときのAmazonの回答としては、
「各出版社が定めているものなので、どれがという答え方はできない」
とのことでした…
 
 
 
じゃあどうしたらいいかというと、
出品前にAmazonに確認する
というのが一番有効だと思います。
 
 
出品する前に
Amazonのテクニカルサポートに
商品名とASINコードを伝えて、
「この商品は、再販制度が適用されていますか?」
と質問すると、調べて答えてもらえます。

まとめ

・書籍は新品の場合は、
必ず定価での販売しなければ、
再販制度に反することになり、
最悪の場合は、Amazonから警告をくらうことになり
アカウント停止もありえるかも
 
 
・本のカテゴリーの中でも
再販制度に反していない商品もある。
しかし、どの商品が再販制度に反しているか、
またはそうじゃないかを判別するには
Amazonのテクニカルサポートに相談するのが
今のところは一番有効
 
 

 

 
 
ちなみに、
先日僕のメルマガで、
今すぐ仕入れられて回転のいい雑誌を
超ピンポイントでお伝えしました。
 
 
普通にネタバレレベルで
超具体的に書いたので、
実践さえしてくれていれば、
僕のメルマガ読者さんは
利益を得ていることと思います。
 
 
 
ちなみに、
僕のメルマガの登録フォームは
こちらになります。
 
http://tech02.net/post_lp/lplplp/

メルマガの発行は不定期ですが、
いい情報流しまっせ(笑)
 
 
登録は無料ですので、
もし気になったらご登録願います。
 
登録したからといって、
いきなり何かを売り込んだりはしないので
ご安心ください(笑)

それでは!


副業せどりで月収20万円稼ぐ方法を無料でお伝えします

今メルマガにご登録いただくと、
家電量販店での仕入れマニュアルをプレゼント!

僕のメルマガでは、仕事終わりの1~2時間で月収20万円稼げる方法を
無料でお伝えしています。

副業で会社の給料と同じぐらいの金額をどうやったら稼ぐことができるのか?

もし興味があれば、以下のフォームより無料のメルマガにご登録ください。
今ご登録いただくと、無料のプレゼントも差し上げています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です