【せどり】売れない商品は「損切り」をして、資金を回そう!

副業せどりで月収20万
てっくです。
 

せどりをやっていると、
しっかりモノレートをチェックして仕入れたにも関わらず、
大幅にライバルが増えたりして、なかなか思ったように売れていかない商品が出てきます。
 
 

せっかく仕入れた商品が何か月も売れないのは、
精神的にも辛いですし、あなたがクレジットカードで仕入れしている場合は毎月の支払いもあるし
金銭的にも結構影響が出てきますよね。
 
 

 
 
今回の記事では、
あなたの在庫が長い期間売れ残ってしまったときに、
必ずやってほしい「損切り」についてお話ししようと思います。
 
 
今回は、利益を生み出す話という感じではなく、どっちかというと「経営」寄りのお話になります。
しかし、あなたが初心者であれば特に意識してほしいこととして書いていますので、
お読みいただき、今後のせどり生活に活かしていただければと思います。
 

スポンサーリンク

 

そもそも損切りってなに?

「損切り」とは、
株などの投資をやっている人がよく使う言葉で、
これ以上相場下がってしまったら、確実に損失が発生するような状況になったときに
早めに株を売って損失を最小限に抑えることを指します。
 

これをせどりに置き換えると、何か月も在庫として持っていると資金が回らなくなるので
自分ルールで定めた期間を過ぎたら、多少赤字でもとっとと売り切って次の仕入れに回す
ということが大事です。
 
 
「そのうち待って入れば、また相場は上がるだろう」
 
「今はライバルが多いけど、そのうちライバルも減って相場が戻るだろう」
 
 
と思っても、一旦崩れた相場はなかなか戻りません。
グズグズと在庫を放置しないで、売れない商品は思い切って損切りして、
次の仕入れに回すということは、せどらーにとっては大事なスキルです。 

この損切りができるせどらーとできないせどらーでは、手元に残るお金(資金)に大きな差が出てきます。
 

なので、今まで「損切り」について、あまり考えたことがないのであれば、
この記事を機にしっかりと考えていただければと思います。
 

仕入れはそもそも「損失」である

まず、せどりにおいて、
仕入れはそもそも「損失」である
という考え方を常に持ってほしいと思います。
 

例えば、あなたの資金が10万円あったとして、
1万円の商品を仕入れたとしたら、あなたの資金は9万円になりますよね。
 
この時点で1万円のマイナスになっているわけです。
 
 
つまり、
この1万円の商品がずーーーーっと売れないということは
1万円の損失をずっと抱えているということになるわけです。
 
 
そんな1万円の損失を何か月も続けるぐらいなら、
5000円でさっさと売ってしまえば、実質1万円の損失が5000円で済むわけです。
(実際は手数料があるので、もうちょっと戻ってくるお金は少なくなります)

 
せどりを続けていく上で怖いことは、
「資金が尽きて仕入れができなくなること」
です。
 
商品を仕入れるお金がなければ、利益を得ることもできません。
それに仕入れた商品が売れなければ、お金はあなたのもとには1円たりとも戻ってきません。 

そんな状態が続けば、どうなるかはあなたもお分かりいただけるかと思います。
 
一つの会社であれば、倒産目前です。
 
 
 
そうなってしまう前に、
損切りを計画的に行い、しっかり資金を回しながら、利益が取れる商品で稼ぐようにしていきましょう。
 
 

損切りを計画的に行うにはどうするか?

では、損切りを計画的に行うにはどのような考え方でせどりを行っていくべきか?
 
 
これはあなたの資金力や在庫量によってもだいぶ変わってきますが、

例えば、
「仕入れして〇か月したら損切りして、どんな赤字でも売り切る」

のように、自分ルールを作っておきましょう。
 

 
ちなみに参考までに僕の場合は、
FBAに納品してから
・2週間
・1か月
・2か月
・3か月
と少しずつ値下げをしていって、
販売を開始して3か月経っても売れない場合は、赤字でも売り切って資金を取り戻します。
 
(たまにどんなに値下しても売れないときもありますが、時間がかかっても絶対に売り切ります)
 
 
 

そして、損切りして戻ってきたお金をまた次の仕入れに回すというのが、
今の僕のスタイルです。
 
 
なので、在庫の仕入れ時期はきちっと管理しておく必要があります。
 
在庫の管理は、エクセルなどで帳簿付けしておくとか、
あなたなりにやりやすい方法で管理しておいてください。
 
 
 

ちなみに僕は、Amazonで販売する商品の仕入れした日は、SKUで管理しています。
 
商品登録する際にSKUに仕入れた日付を入れるようにすると、仕入れした日を忘れずにすみます。
(例えば今年の7月1日に仕入れしたなら20170701と入力)
 

あとがき

あなたが今後長くせどりで稼いでいくために、
損切りという行為は、利益も損なうし、もったいないと思うかもしれません。
 

しかし、
何か月も売れない商品をいつまでも在庫として残しておくことは、あなたにとってプラスにはなりません。
むしろ、じんわりじんわりとマイナスになっていくだけです。
 

 
せどりをやっていくと、
仕入れたすべての商品が利益になるということは、なかなかないでしょう。
 
少なからずマイナスになってしまう商品というのは出てきます。
 
そのマイナスになった商品を最小限の被害で食い止めるために、損切りというのは存在します。

 
 
今後せどりで稼いでいく覚悟があるのであれば、是非損切りのスキルは身に付けていただきたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
なんて偉そうに解説しましたが、 
実は、僕も1年ぐらい前までは損切りという概念は頭にありませんでした。
 
 
損切りという概念を教えてくれたのは、僕の良きせどり仲間である
「上杉征士」さんという方でした。
 
 
彼はせどりやアフィリエイトですでに独立していて、
週に4日しか仕事せず、家族との時間や趣味を楽しまれています。
 
 
 
彼のブログには、せどりやアフィリエイトで月収100万円稼ぐためのノウハウが
出し惜しみなくガンガン書かれています。
 
メルマガも非常に勉強になるので、もしよければご覧になってください。

金持ちせどらー 貧乏せどらー

 

それでは、お読みいただきありがとうございました。


副業せどりで月収20万円稼ぐ方法を無料でお伝えします

今メルマガにご登録いただくと、
家電量販店での仕入れマニュアルをプレゼント!

僕のメルマガでは、仕事終わりの1~2時間で月収20万円稼げる方法を
無料でお伝えしています。

副業で会社の給料と同じぐらいの金額をどうやったら稼ぐことができるのか?

もし興味があれば、以下のフォームより無料のメルマガにご登録ください。
今ご登録いただくと、無料のプレゼントも差し上げています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です