FBA料金シュミレーターの見方

ども、てっくです。

今回は、
いつかの記事でも紹介した、
「FBA料金シュミレーター」
という、
無料で使える利益計算ツールについて
書いていこうと思います。
 
 
今回の記事は、
前回のモノレートのときよりは
見るべきポイントは少ないので、
覚えていただくのも
簡単なんじゃないかなと思います。

 
FBA料金シュミレーターとは?

Amazon FBA料金シュミレーター
URL:https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

FBA料金シュミレーターとは、 
Amazonが公式に発表している
無料で使える利益計算ツールです。
 
 

あなたが、
AmazonのFBAという機能を使って
せどりをしている場合は、
Amazonの倉庫を仕様できる権利があります。
 
 
ただ、Amazonの倉庫を使用するには
いろいろな手数料がかかってしまいます。
 
その手数料の内訳や、
どのぐらいの手数料がかかるのかが、
このFBA料金シュミレーターを使えば
一発でわかってしまうわけですね。
 
 
 
他にも利益計算ツールはありますが、
手数料の内訳などの詳細な情報までわかるのは、
Amazonが公式に発表している、
このツールだけではないかなと思います。

まずはFBA料金シュミレーターを使ってみよう!

 
ま、僕がグダグダいうよりも
論より証拠!ということで、
実際に触ってみましょう。

今回もなるべく画像をはさみながら、
ご説明したいと思います。

 

まずは、
FBA料金シュミレーターを開きます。
URL:https://sellercentral-japan.amazon.com/fba/profitabilitycalculator/index?lang=ja_JP

 
すると、
「Amazon.jpで商品を検索」
の下に検索窓があるのが見ていただけると思うのですが、
そこに商品名や、
ASIN(Amazonの独自コード)、
JANコード(バーコードの数字)
を入力して、
調べる商品を表示させます。

 

試しに、
今はこの記事をスタバで書いてるので、
検索窓には、
「スターバックス」
と入れることにします(笑)

FBA料金シミュレーター   Amazon セラーセントラル

これで一回検索してみると、
該当する商品がいろいろ出てきます。
 
 

そこで今回は、試しに
この商品を検索してみることにしましょう。FBA料金シミュレーター   Amazon セラーセントラル2

割りと有名になった書籍ですね。
 

「選択」をクリックします。

 

クリックすれば自動的に
選択した商品が検索対象になってくれます。
FBA料金シミュレーター   Amazon セラーセントラル3

 
ここまでできたら、
あとは、
売値(売りたい値段)
仕入れ値(仕入れた値段)
を入力すればおしまいです。

 
入力するのは、
今回はFBAを利用した場合なので、
右側の「FBA発送の場合」
のほうに入力します。
FBA料金シミュレーター   Amazon セラーセントラル4 
 
図にもあるとおり、
「商品代金」のほうに
売値を入力して、
 
「出荷準備費用」のほうに
仕入れ値を入力して、
 
最後に「計算」のボタンをクリックすると
手数料をひいたぶんの
利益を算出することができます。

 
では、今回は、
この本を108円で仕入れて、
1000円で売りたいと仮定して
入力してみましょう。
 
 
なので、
商品代金に1000円
出荷準備費用に108円
と入力して、
計算ボタンをクリックします。

FBA料金シミュレーター   Amazon セラーセントラル5

計算ボタンをクリックすれば、
ほらこのとおり!
 
いろいろな手数料が引かれて
あなたのもとには
506円の利益が残りますよ、と
教えてくれるわけですね。
 
 
ね?めっちゃかんたんでしょ(笑)?

このツールと、
前回お話しした
モノレートを併用して使えば
仕入れの失敗は、
限りなくゼロに近づきます。

せどりは仕入れが9割ですので、
ここを手を抜いたり
てきとーにやってしまうと、

・商品が思うように売れない
・売れても大して利益が出ない
 
そんなモチベーションを
下げる原因になるようなことを
避けることができます。
 
 
最初は毎回見るのは面倒ですが、
やっていくうちに、
FBAシュミレーターを使わなくても
「だいたい利益はこんなもんかな…?」
とわかるようになってきます。

僕は今でも毎回使いますけどね(笑)

中級者でも見落としがちなFBAシュミレーターのポイント

ここからは初心者でも知っておいてほしいし、
意外と中級者でも知らない人がいる
FBAシュミレーターの大事なポイントについて
説明しておきます。

 
もしかしたら、
中級者クラスなら、
誰しもが知ってる話かもしれませんが、
 
恥ずかしながら、
僕は最近知った話なので、
僕の失敗談とともに
しっかりシェアしたいと思います(笑)

  
 
FBAの手数料というのは、
商品の大きさや重さなどによって、
細かく制定されています。
 
詳しくは、
Amazonが発表している
こちらのページに全て書いてあります。
 
https://services.amazon.co.jp/services/fulfillment-by-amazon/fee.html
 
 
これだけ複雑な手数料を
一瞬でしっかり計算してくれる
FBAシュミレーターはかなり優秀ですね。
 
 
なので、商品によっては、
かかる手数料が大きく違ってきます。
 

 
そして、僕もハマってしまった
意外な落とし穴が、
FBAシュミレーターの
「月次の保管手数料」
の欄です。
 
これは何かというと、
FBAにこの商品を1点保管するために
必要な1か月あたりの在庫保管手数料です。
FBAでの保管期間に応じて、
商品の寸法で手数料が請求されます。
 
 

これの何が問題かというと、
商品によっては、
そこそこ高額な保管手数料が
かかってしまうということです。
 
その商品というのは、
「大型」
と分類される商品です。
 
 
在庫保管手数料は
主に商品の大きさ(サイズ)によって
変動します。

 

ここからは、以前
僕が仕入れた商品を例に解説いたします。
 
 
僕は以前、
自宅のテレビよりも大きな商品を
仕入れてしまいました(笑)
家電&カメラ オンライン通販

 
ランキングはアホみたいに高いので
ま、それなりに安めにすれば
すぐ売れちゃうでしょうと
余裕ぶっこいてたわけなんですが、
 
 
この商品を
FBAシュミレーターにかけてみると…
FBA料金シミュレーター   Amazon セラーセントラルてれび

1250円…

 
このぐらい大きな商品となると、
まさかの1000円超えです。
 
なので、在庫として保管しておくと
毎月1250円かかってしまうことになります。
 
 

もちろん、納品した月で売り切ってしまえば、
FBAシュミレーターで計算してくれている
1250円ですむわけなんですが、
翌月まで残ってしまえば、
またさらに1250円が追加されるわけです。
 

僕は1ヶ月で売り切ってしまうことを前提に
モノレートで売れ行きとランキングを見て、
相場をしっかり見て、
ほぼ最安値でも利益が出ると判断したので
仕入れました。

 
もし、これが万が一
2ヶ月、3ヶ月と売れ残ってしまうと
その都度1250円がかかってしまうので、
自分の利益がどんどん減っていきます。
 
 
なので、特に大型の商品は
月次の在庫保管手数料は
しっかり見ておくべきなのです。

 

と、いっても
大きなテレビを仕入れる人は
あまりいないと思うので、
これはかなり極端な例です(笑)
 
だとしても、
意外とこの部分は見落としがちなので
大型の商品を仕入れる場合は
注意しましょう。

その他の利益計算ツール

これは余談ですが、
FBAシュミレーター以外にも
利益を計算できる無料ツールがあります。

 
興味があれば、
一度使ってみてもいいかもしれません。
 
とりあえず僕は一通り使ってみて、
FBAシュミレーターに落ち着きましたが、
その人に合ったツールを使うのが
一番だと思っているので。

amafee

URL:http://amafee.com/

このツールは、
仕入れ値と売値を入力して、
最後に、
その商品のカテゴリーのボタンを押せば
利益を計算してくれます。
 
 
ただ、カテゴリー対応してないボタンがあるので、
そういう場合は、
自分でその商品のカテゴリーを調べて、
「その他の◯%」
を押せば大丈夫です。
 
 
正直、サイトとしての見た目はショボいですが(笑)
ツールとしての性能はいいので、
僕は仕入れ中に
ザクっとした利益が知りたいときは
こちらを使ったりすることもあります。

アマコスト

URL:http://www.amacost.net/

(8/21追記:アマコストは現在使用できません)

アマ娘ちゃんが目印の
かわいらしいサイトです(笑)
あんまり人前で大きな画面で見てると、
そういう趣味の人だと思われる可能性もあるので
ある意味注意してください(笑)

 
こちらも先ほどのamafeeと同じで、
仕入れ値と売値を入力して、
最後に商品カテゴリーのボタンを押せば
利益が出ます。
 
 
ただ、こちらのツールは、
以前Amazon手数料の規約が変更になったときに
サイトを更新していない可能性もあるので、
僕は最近は使用していません。
(はっきりしたことは断言できませんが…)
 
 
 
amafee
アマコスト
FBAシュミレーター
これら3つは同じような機能をもつツールですが、
なぜか計算結果が3つとも違います(笑)
 
(8/21追記:アマコストは現在使用できません)

なので、僕は、
一応Amazon公式の
FBAシュミレーターを使っていますが、
あくまでも精度の高い「目安」
ぐらいに考えておきましょう。

まとめ

せどりは仕入れが9割です。

なので、
仕入れで失敗してしまうと、
だいたい取り返しがつきません。

仕入れで失敗しないためにも
最初のうちは、
モノレートと
利益計算ツールを使って
しっかり売れ行きと
手元に残る利益を
自分の目で確かめながら
仕入れしていけば、
失敗は限りなくゼロに近くなります。

その感覚を養うには、
とにかく実践あるのみです。
 
しっかりとした行動だけが
自分を変えることができます。

 
6月も後半になり、
だいぶ暑い日が続いてますので、
店舗に仕入れに行かれる方は、
しっかり水分を補給して
頑張りましょう!
 
電脳派のあなたは、
冷房にあたりすぎると
体に毒ですよー(笑)

 
それでは。


副業せどりで月収20万円稼ぐ方法を無料でお伝えします

今メルマガにご登録いただくと、
家電量販店での仕入れマニュアルをプレゼント!

僕のメルマガでは、仕事終わりの1~2時間で月収20万円稼げる方法を
無料でお伝えしています。

副業で会社の給料と同じぐらいの金額をどうやったら稼ぐことができるのか?

もし興味があれば、以下のフォームより無料のメルマガにご登録ください。
今ご登録いただくと、無料のプレゼントも差し上げています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です