【せどり】初心者せどらーは、まず本せどりから始めたほうがいい3つの理由

1日1~2時間の副業せどりで月収20万
てっくです。
 
 

以前、
これからせどりを始めたいという方とお話したときに、
 
「どういうものを仕入れたらいいですか?」

というご質問をいただきました。
 
 
 

僕はそういう場合は、
 
「例えば、好きなアニメが好きなら、アニメに関するもの、
鉄道が好きなら鉄道に関するものなど、ご自身の興味のあるジャンルからやってみたほうがいいですよ」
 
とお伝えするんですが、

 
それでもやっぱり、
「【まず】何から始めたらいいのか?」
と悩んでしまう初心者の方は多いみたいです。

 

なので、今回の記事では、
せどり初心者が最初に進むべき指針として、
「古本仕入れ」
をオススメしたいと思います。
 
 
もし、
どんなものを仕入れたらいいかわからなくて、
まだ何も手が出せていないということであれば、
古本を仕入れてガンガン売りましょう。
 
 
 
 
 

では、なぜ僕がせどり初心者の方には古本を仕入れをオススメするのか?
今回の記事ではその理由を解説していますので、
もしあなたが、

・まだ何を仕入れていいかわからず、手が止まっている
・せどりで使える資金が少なくて、資金内で仕入れができる商品を選んでしまっている
・「仕入れて売れなかったらどうしよう…」と考えてしまい、手が出ない
・まだ売れたことがないので、商品が売れる実感がほしい
 
ということであれば、
参考になると思いますので、是非ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

せどり初心者はまず古本仕入れから始めたほうがいい理由

僕がせどりを始めたときから、今でも実践している「古本仕入れ」。
せどり中級者、上級者になっても非常に有効なジャンルですが、
僕は特にせどり初心者の方にこそ、取り組んでいただきたいジャンルだと思っています。
 
 
それはなぜかというと、
 
・仕入単価が安い
・売れ行きが良い(回転が早い)
・利益率が高い
 
と安い、早い、うまいの3拍子がそろってしまっているわけです。
まさにせどり界の吉野家(笑)
 

 

では、そんな安い、早い、うまいの商品はどこで仕入れができるのか?
というと…
 
あなたの近所で古本を売っているところならどこでも大丈夫ですが、
一番仕入れがしやすいのが、古本の全国チェーン、「BOOKOFF」です。

BOOKOFFは、昔から多くの本せどらーに人気のお店で、
一時期は「BOOKOFFは稼げなくなった」とよく言われてましたが、
今でも全然稼ぐことができます。
 
実際に僕は今でもBOOKOFFに通っては、
売れる本をコツコツ仕入れて利益を得ています。
 
(仕入れた本の紹介は後ほど)

 

 
では、
さっきの古本仕入れのメリット、もう一度言いますね。
 
・仕入単価が安い
・売れ行きが良い(回転が早い)
・利益率が高い

だからこそ、せどり初心者に向いている!
 

と僕がドヤ顔でお伝えする理由について、お伝えしますね。

 

①仕入れ単価が安い

あなたはBOOKOFFに行ったことがありますか?
おそらく結構な人数の人が、「YES」と答えてくれると思います。
 
 

ご存知かもしれませんが、
ブックオフは最低、108円(税込)から本が買える
古本の全国チェーンです。
(セールのときは100円未満で本が買えます)
 
ということは、
仕入れは108円からできるということなんですよ。
 
BOOKOFFだけではなく、
あなたの近所の古本屋さんも、BOOKOFFに対抗してるところも多く、
おそらく108円から仕入れができる店舗も多いでしょう。
 
 
 
108円ですよ、108円。
 
缶コーヒー1本買うよりも安い値段で
利益を生む商品を仕入れができてしまうんですよ(笑)
  
 

例えば、108円で僕が以前仕入れたものにこういうのがあります。
 

108円→550円(+送料257円) 
モノレートリンク:http://mnrate.com/item/aid/4401350952

 

108円→980円(+送料257円)
モノレートリンク:http://mnrate.com/item/aid/4342000849

 
108円という低い投資で2倍、3倍、10倍にも増やせるのが、
古本せどりの魅力かなと僕は感じます。
 
(しかも全く難しくない)
 
 
  
 

 
仕入れ単価が安いというのは、
「仕入れて売れなかったらどうしよう…」
と思ってしまい、なかなか行動に移せないというあなたにも大きなメリットです。
 

そのメリットを単刀直入に言えば、
もし、仕入れて売れなかったとしても、たかだか108円のダメージを喰らうだけです。

何万円も何十万円も、生活を左右するような痛恨の一撃を喰らうわけではありません。
 
 
 
失敗したとしてもたった108円を失うだけ…と考えたら、気持ちがちょっと楽になりませんか?
 
いきなり何万円も投資するのは、精神的にもしんどいし、焦りも生まれますが、
108円の仕入れであれば、最悪の場合、なくなったとしても経済的に深刻な状況にはならないでしょう。
 
(108円なくなったぐらいで深刻な状況になるのなら、せどりをやる前にバイトすることをオススメします)
 
 

 
さぁ、まずは108円を持ってBOOKOFF、もしくは近所の古本屋さんに行きましょう!
稼ぎたいと思ったら、つべこべ言わずにさっさと行きましょう!
 

②売れ行きがいい(回転が早い)

世の中、電子化が進み
読書も電子書籍なるものが増えてきていますが、
やはりまだまだ紙の本を求める人が多くいます、
 
書店に行けば毎日のように紙の本で新刊が出てることから
その事実はなんとなく感じていただけるかと思います。
 
 

 
それに以前は、

「本を通販で買うならAmazon」
 
と言われるほど、昔のAmazonは「本屋かよ!」っていうぐらい
本の品揃えは最強でしたし、それは実は今でも変わっていません。

 
ということは、
「ネットで本を買うならAmazonだ!」
と思ってる人はまだまだ多いんです。
 
 
 
 
もちろん、本のジャンルや内容によって回転の良し悪しはありますが、
回転のいい本は、出品して、1,2時間以内に売れていきます。
 
 
例えば、先ほどご紹介した108円で仕入れできるような本が
非常に売れ行きのいい(回転がいい)ものだとしたら、
あなたの108円は数時間、もしくは一日で300円、500円に変身してくれるわけです。
 

 
ちなみに商品の売れ行きに関しては、
BOOKOFF等の古本屋さんに行き、商品をモノレートでリサーチしてくださいね。
 
モノレートのグラフは、商品が売れたらグラフが「下がる」ようになっています。
なので、グラフのギザギザが多ければ多いほど、売れているということになります。
 

 
縦軸がAmazonランキングで、横軸が日付になっています。
例えばこの商品は、日付が進むほど商品が売れているので、ギザギザがかなり多くなってます。
っていうか、もはやギザギザを表現しきれてないという(笑)
 
 
もし、あなたがBOOKOFFなどに行って、こんなグラフの商品を見つけたら、
すぐに売れてくれる商品である可能性が高いです。

③利益率が高い

そもそも「利益率」ってどういうことなのか?
もしあなたが「利益率って初めて聞いたよー」ということもあるかと思うので、
利益率について簡単に説明しておくと、
 
利益率とは、売り上げに対してどのぐらいの利益が出ているかを比率で表したもの
 
です。
 
 
 
と言われてもわかりにくいと思うので、
実際に商品を売った場合で考えていきましょう。 
 
 
例えば、
500円で商品を仕入れて、1000円で売ったとしましょう。
 
このとき、売り上げは1000円。
仕入れが500円なので、500円儲かったことになりますね。
 
そうなると、儲かった500円は1000円の半分の金額になるので
利益率は50%となります。
 
 
 
この利益率が100%に近ければ近いほど、
あなたが儲かっているということになるんですが、
古本せどりは、他のジャンルに比べて利益率が高い商品が
非常に仕入れしやすいのが特徴です。
 
 
 
例えば、先ほども登場した、

 
こちらの本ですが、
 
仕入れ:108円
販売:980円
 
だったわけなんですが、
こちらの商品の利益率を計算してみたところ、
利益は699円、利益率は57%でした。
 
(利益計算は、AmazonFBAシュミレーターで計算しています)

 
他にも…

仕入れ:980円
販売:2680円
 
なんてものも売ったりしましたが、
この商品の利益率は、47%。
かなり利益が取れています。

 
 
 
せどりは利益率が30%取れれば上出来と言われている中、
40%、50%と利益が取れてしまう商品が多いのが、古本仕入れの魅力ですね。
 

 

古本仕入れのデメリット

仕入れしやすいし、利益率もいいし、回転も早い古本仕入れに
デメリットなんてあるの?と思われたかもしれませんが、
 
ここで僕が感じている古本仕入れのデメリットについてお話しようと思います。
 
 
ただ、これは僕が感じているだけで、
あなたにとって鼻くそみたいな問題かもしれません(笑)
 

 
で、
僕が古本仕入れで一番のデメリットだと思うのは…
 
重い

ということです。
 
 
 
そう、重量が重いんです。
 
例えば、仕入れが1冊とか2冊ぐらいなら女性の方でも問題ないと思いますが、
一回の仕入れで10冊20冊と仕入れができてしまうと、
例え小さい文庫本でも、非常に重くなってしまいます。
 
そうなると、会社帰り仕入れに行くのが結構おっくうになるんですよね…
 
 
 
 
それに
商品を発送する際も、重量の制限がネックになる場合もあります。
 

例えば、
AmazonでFBAを使って販売する場合、
FBAの倉庫に発送する際、FBAパートナーキャリアというサービスを使うと
普通にゆうパックで贈るよりも送料がいくらか安くなりますが、
 
パートナーキャリアでは、1箱あたり30kgを超えると発送してもらえません。

 
 
それにこの記事を書いている現段階では、
FBAに納品する際は、1箱には必ず商品を10点以上(大型は1点以上から)の商品を入れなければ
入庫を受け付けてもらえません。

僕はコミックセットをよく販売しているので、毎度毎度、この重量制限と闘っています。
 
 
 
ただ、僕としてはこの重さの問題さえクリアしてしまえば、
利益率も高く、回転もいい古本せどりは続けていく意味があるなと考えています。
 
なかなか難しいんですけどねー(笑)
 
 

あとがき

今回は、
まず何を始めたらいいかわからない…というせどり初心者の方に向けて、
古本仕入れについてお話させていただきました。
 
 
 
何度も言いますが、
仕入れ単価が安くて、回転のいい古本仕入れは、
せどり初心者の方には非常にオススメです。
 
特にせどりに使える資金が少ない(3万円程度ぐらいまで)であれば、
古本仕入れで利益をコツコツと積み上げていき、ある程度の資金が溜まったら、
単価が高いものをどんどん仕入れていくようにしましょう。
 

 
 
僕がせどりを始めたばかりの頃、
何から始めていいかわからなかった僕は
今のあなたと同じように、いろいろなブログやメルマガから情報を集めて
毎日仕事終わりに、1時間だけと決めて、職場の近くのBOOKOFFに通ってました。

たしか、最初の何日かは何も仕入れができませんでした。
あまりに仕入れができなかったので、
 
「やっぱりおれ才能ないのかなぁ…」
 
「本当はせどりなんて稼げるもんじゃないんじゃないか…?」
 
と、疑心暗鬼になったり、諦めそうになったりしましたが、
それでも、諦めずに毎日通っていたらそのうち1冊、2冊と仕入れができるようになりました。
 
(結局最初に仕入れた本は、仕入れミスして赤字になりましたが…(笑))
 
 
 
もしかしたらあなたも、
これから古本仕入れを始めるにあたって、
BOOKOFFなどの古本屋さんに仕入れに行ったのに、
 
「え…全然仕入れできないんだけど…」
 
と思うことがあるかもしれませんが、
本当に稼ぎたいと思うのであれば、絶対に諦めないでください。

 
諦めない気持ちは、どんなノウハウにも勝ります。
 
僕も今まで何万回も心が折れそうになりましたが、
それでも諦めきれない自分がいて、諦めなかったからこそ
今こうしてあなたに情報をお伝えすることができています。
 
 
辛いのは最初だけです。
毎日、古本仕入れに触れていれば、
売れそうな本、売れないだろうなと思う本の違いが
だんだんとわかってきます。
 
 
それがわかってくるまでは頑張っていただき、
是非、稼いでいただきたいと思います。
 
 
 

 
 
僕のメルマガでは
古本仕入れの情報をお伝えしています。
 
ブログではお伝えできないことも、
メルマガではサクッとお伝えしていますので、
興味があれば、僕のメルマガに登録してみてください。
 
登録は無料。
今なら、家電量販店での仕入れマニュアルをプレゼントしています。
 

てっくのメルマガの登録はこちらから

それでは、長くなりましたが
ここまでお読みいただきありがとうございました!


副業せどりで月収20万円稼ぐ方法を無料でお伝えします

今メルマガにご登録いただくと、
家電量販店での仕入れマニュアルをプレゼント!

僕のメルマガでは、仕事終わりの1~2時間で月収20万円稼げる方法を
無料でお伝えしています。

副業で会社の給料と同じぐらいの金額をどうやったら稼ぐことができるのか?

もし興味があれば、以下のフォームより無料のメルマガにご登録ください。
今ご登録いただくと、無料のプレゼントも差し上げています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です